お茶の美味しい淹れ方・効能

播磨園有機茶各種の特長と淹れ方のポイント

有機玉露、有機極上煎茶、有機新茶、有機深蒸煎茶、有機上煎茶

上級茶ほど多くの旨み成分(テアニン)を含むため、渋みを抑えて旨み成分を引き出すように低温で出します。(テアニンは50度、カテキンは80度以上で溶け出しますので、 玉露、極上煎茶、新茶は60℃位、深蒸し煎茶・上煎茶は70℃位で抽出して下さい)

有機煎茶、有機番茶

上級茶に比べて旨み成分(テアニン)が少ないですが、カテキンを多く含む為、やや高温(80℃)のお湯で旨みと適度な渋みで、さっぱりと楽しみましょう。

有機玄米茶、有機ほうじ茶

もともと茶葉の含有成分濃度が全般的に少ないので、高温(90℃)で入れても旨み渋みは強く出ませんので、高温で香ばしい香りを楽しみましょう。

有機三年番茶、野草三年番茶

刺激物の少なく大変口当りのよいお茶でアイスでも、ホットでも楽しめます。急須でも美味しく飲めますが、煮出すことによりさらにコクが出て美味しくなります。

基本的なお茶の淹れ方とコツ

基本的なお茶の淹れ方とコツ

〔標準量2~3人分〕

  • 茶葉:5~6g(大さじ約2杯)
  • 温度:60~90℃(上級茶ほど低温で)
  • 湯量:180㏄(60㏄×3人分)
  • 蓋をして1分程度

〔急須での美味しい淹れ方のコツ〕

  • お湯を人数分の湯飲みに注ぎます。(お湯は一度完全に沸騰させたお湯をご使用下さい。カルキ臭の強い水道水は5分以上煮沸させれば臭気が取れます)
  • 使用する水は硬度の高いミネラルウォ-タ-ではなく、軟水の日本の水・水道水が緑茶には適しております。
  • 急須に茶葉を入れ、湯冷ましたお湯(湯気が横ゆれして上がる程度)をゆっくり注ぎ、1分程揺らしたりせず、静かに待ちます。
  • 最初は薄く、後になるほど濃く出ますので、濃さが均等になるよう湯飲みに注ぎ分けます。
  • 最後の一滴まで絞りきって下さい。こうすれば2煎目、3煎目まで美味しく飲めます。

〔煮出の場合/三年番茶・ほうじ茶など〕

  • 一度グラグラと沸騰させたお湯約1ℓに10g程の茶葉を入れ、弱火で5~10分程煮出し、お好みの濃さになったら茶漉しなどで茶葉を取り出しお飲み下さい。

〔お茶の保存方法〕

  • お茶は大変デリケートなものなので温度、湿度、光で変質してしまいますので、開封後は茶缶などの気密性の高いものに入れ、湿気の少ない冷暗所で保管しましょう。
  • 茶葉は臭いを吸収する性質がありますので、冷蔵庫で保管の場合は移り香に充分注意しましょう。(長期保存の場合は冷凍庫での保管をお奨めいたしますが、取り出した際の水滴にはご注意下さい。)

お茶の一般的な健康成分

  • 多糖類:血糖値を下げる
  • カテキン:殺菌作用、がん・高血圧・動脈硬化の予防、老化防止など
  • カフェイン:疲労回復、利尿作用、強心作用など
  • ビタミンC:風邪予防、美肌効果など
  • ミネラル:新陳代謝の促進
  • アミノ酸:リラックス効果
  • フッ素:細菌撃退、歯垢の防止など
このページのトップへ